スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

4ヶ月健診

健診に行ってきました

昨日はベビーの4ヶ月健診。
1人で行っても良かったのですが、
今回は要約筆記の方についてきてもらいました。

(長くなりましたので格納しました)


市へ要請して派遣してもらった要約筆記の方ではなく、
正確には社会福祉協議会の手話通訳の登録者のKさんです。
来ていただいたやりはこんなふうでした。

2週間ほど前に注射に行った時に
保健センターの方に
「私は聞こえないので、お医者さんの話などが
 わからないんですが…」と相談をしました。
保健師さんは「ん~」と考えて、
誰か聞こえる人と一緒の方がいいとのこと。
この保健センターの同じ建物の中に社会福祉協議会があります。
そこへお邪魔して、保健師さんとのやり取りを話すと
当日は外出する仕事がないとのことだったので
通訳をお願いしました。
手話よりも書いてもらった方が
私には理解できるので、要約筆記となりました。

健診が始まり、身長、体重などを計り、
次が私には問題の小児外科・内科医の健診です。
お医者さんってなんで口の中で話すような方ばかりなのかな?
と毎回思います。

まず、外科の先生に
「どなたについてきてもらったんですか?」って聞かれました。
「紹介しなきゃいけないのか!」と慌てて、
「私は聞こえないので話を書いていただくために
 通訳をお願いしました」と説明。
Kさんは先生の「ん~、よしよし」と
先生が発する言葉を全部書いてくれました。
なるほど、子供にこんなふうに話しかけていたんですね。

内科の先生は、お姉ちゃん達もかかっている小児科の先生ですが
いつもマスクをしていて、看護師さんが話を教えてくれていたので
今まで知りませんでした。
本当なら次はポリオの予防接種だったのですが
私はうっかりとその前に受けるべき予防接種を忘れていたので
今回は受けられませんでした。

保健師さんによる発達相談で個別にお話しをしました。
はじめに、横で通訳しているのに待たずに答えちゃって、
聞かれていることと全然違うことを答えてしまいました。
何のためにKさんに来てもらっているんだかって話です。
次からはちゃんと書いてくれるのを待って、質問に答えていきました。

保:「夜、寝ているときに泣いたりしたらわかるの?」
私:「音を感知して腕時計が震えるってものがあるので、大丈夫です」
保:「そんなものがあるんですか!?」
私:「あるんですよ」
保:「へぇ~」

保:「困っていることや心配なことはないですか?」
私:「うーん、コレといって今はないです。
   そのうちに、病気をするようになったら聞こえない分
   気づくのが遅くなるんじゃないかっていうのが心配」
保:「そうですよね…」

私は子供の顔を良く見ているので、
起きている間は特に心配していないのですが
私が寝てしまったときにどうなるかっていうのは
特に心配していることです。
これからの私の育児の課題でもあります。

本当なら、最後に離乳食の指導を集団で受けるはずだったのですが
ベビーの機嫌も相当悪く、経験もあるようなので大丈夫でしょうと
資料だけもらって免除してもらいました。

健診の結果は
ベビーは身長と体重のバランスもよく、
外科、内科的にも問題なし。
お顔がしっかりして表情も豊かなので、
家族にたくさんかまってもらえている様子が伺えるとのことでした。
何事も無いのが一番です。

Kさんには1時間半ほどついてもらいました。
ほとんどが待ち時間でした。
呼ばれている変わったお名前を指文字で教えてもらったり
(周りの方には読めないので何だろうと思われたでしょうね)
「まだ、先生来ないの?遅くない?」なんて手話で話したり。
退屈しなくて済みました。

Kさんに帰り際に
「今日はたまたま仕事が空いてたからついてあげられたけど
 次回から、要約筆記の派遣ができるから
 病院とか、学校とかで利用してね。」と言われました。
私:「ボランティアだったら頼みにくいんだけど…」
K:「大丈夫、予算ついてるから。
   誰も頼まないから使って欲しいの。」
私:「あ~、なるほど。使われないと普及もしないですよね。
   利用する機会があったらお願いします。
   今日はありがとうございました。」
とお別れしました。

聞こえなくなって、健診とかに行くとなると
相手が何を言っているのかわからないから億劫だったのですが
書いてもらえて話の内容がわかってとても助かりました。
季節的にもマスクを着用されている方が多いので
口を読むのも阻害されているような気がして…。←考えすぎ


今後、通訳をお願いする時のことをぼんやり考えていたら
いつもお邪魔している益田さんのブログ
学校での要約筆記の派遣について書かれていました。
それを読むと「気軽にお願いするべきではないな」と感じました。
私の住んでいる市の利用状況や、
私が利用することで要約筆記というものを
知らない人にも知ってもらえるということも
あるんじゃないかと思います。
これからサークルでそのことを話題にできたらいいなと思いました。
スポンサーサイト
 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://thankforyou.blog14.fc2.com/tb.php/87-5dfca06e

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。