FC2ブログ
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

地震

昨日の朝、石川県の能登で震度6の地震がありました。

私は石川県の加賀に住んでいます。

台所で遅い朝食の片付けをしていたら、食器棚の上の時計がバタンと倒れました。ん?と思ったら、横にぐらぐらぐらぐらとかなり長い間揺れました。私は隣にいたAちゃんに動かないように言い、ベビーのところに行きたいと思ったものの、体が動きませんでした。幸いベビーのところにSちゃんがいて『地震で起きたよ』とみていてくれたので助かりました。
すぐ行けなかった私は情けなかったです…。
子どもたち、義母は何事もなく、2階の本棚が開いて、文庫本が2冊落ちただけで済みました。

揺れが収まるとテレビを付け、震源と震度を確認しました。

輪島が震度6とわかり、輪島に住む友人が気になりました。先に実家の両親の確認をしました。Sちゃんにお願いして電話をかけてもらいましたが、なかなかつながらないのです。私はメールしか頼りにできないので、メールが送受信できない状態が続いて困りました。やっと実家に電話がつながったのが地震後30分くらいしてから。これでも早い方でしょう。実家になにもなかったのを確認したので安心できました。遠方の私の友人から続々と心配のメールをもらい、嬉しく思いました。でも、返事がなかなか送れないのです。早く送らないと心配かけちゃうんじゃないかと焦りますが、なかなか送れませんでした。

余震がなかったので、子どもたちと車で10分のところにある実家に行ってきました。母が金沢の実家に電話がつながらないと言いながら何度もかけていました。その横で父は携帯からかけていました。それを見て、今、日本中の人がこうしてるんじゃつながらないかもしれないって感じました。1時間くらいしてつながり、大丈夫だと確認できました。

同じ頃、私は輪島の友人にメールしてました。なかなか送れないので何度もチャレンジしてやっと送ったメール。すぐ『ありがとうすごく恐かった みんな大丈夫 家も大丈夫です 家の中はめちゃくちゃですが』と返事が来てすごく安心できました。

夕方、強い余震がきたあとに、また輪島の友人にメール。『えみ恐いよ 子供達も恐がるし 震えがとまらない』と返事。私は『怖いよね。怖いね。そばに行ってあげられないけど、ふんばってね。』としか励ますことができませんでした。頑張ってって言うのは簡単だけど、頑張ってとは言えなかった。すでに頑張って子どもたちを守ってるんだから。

私は普段どおりの生活をしました。でも、同じ県では家に帰れない方がたくさんいらっしゃいます。普段どおりの生活に感謝しました。

彼女からはあれから連絡はありません。どうしてるんだろう。気になって気になって。便りが無いのが元気な便り…でありますように。

被災されたすべてのかたにお見舞い申し上げます。

災害の時の情報収集。
聞こえないからテレビが頼りです。でも、家がつぶれたら?ラジオ?聞こえないじゃない。誰かいてくれても自分自身のことに一生懸命だったら通訳してもらえないよね。安否確認したくても、メールができるようになるまでかなり時間がかかったし。NTTの災害ダイヤル?あれも聴覚障害者は使えない。もし、またどこかでこのようなことが起きたら、その土地の聴覚障害者は困るんだろうと思いました。
スポンサーサイト
 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://thankforyou.blog14.fc2.com/tb.php/77-c4c4bf67

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。