FC2ブログ
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

「読唇術の今」

我が家で購読している北陸中日新聞の
今日の特集でタイトルの記事がありました。
中日新聞、東京新聞の系列なので、
もし載っていたら読んで見てください。
ニュースの追跡・話題の発掘のページです。

新聞記事なので丸ごと記事を載せたりするのはいけないと思い、
まるごとの記事の引用をしませんのでご了承下さい。

W杯でジダン選手とマテラッツィ選手の二人の間で
どんな会話が交わされたかという話から入ったので
ワイドショーでも取り上げられている内容かと思い読んでみました。
どこの国でも今は「読唇術」に注目なんでしょうかね?
記事の中で、ライブドア事件で民法が映像を読唇術で分析し
なんと言ったかを解説した、とあります。
いつもお世話になっているM田さんの顔が浮かびました。


私が注目したのはこの後に書いてあることでした。

記事に出てくる大学の教授は
「読唇システム」の研究をされているそうです。
音声だけで操作できる車椅子の開発をしていたが、
騒音の酷いところでは使い勝手が悪くなるそうです。
普通の人でも騒音の酷いところだと聞こえにくいのに
機械が音を判断するのは難しいのでしょうね。

次に、口の動きで単語を認識するシステムの開発に
力を入れ始めたそうです。
口の動きの変化を撮影しベクトル量に置き換え、
システムに覚えさせるということらしい。

でも、このシステム、似たような口形は
どうやって違いを判断するんでしょうね。
「止まれ」「終われ」は似てますし…。
命令に「終われ」なんて使わないでしょうけど…(苦笑)
車椅子の管理者だけの口形を認識するのか、
介護者や周囲の人も認識するのかで情報量は違ってきますよね。

NTTドコモでも、口元の筋肉の電気信号を読み取る
携帯電話の開発を数年前から始めているそうです。
体が動かせないという不自由な人でも
携帯電話を使える日がそう遠くないのかもしれない!
そう考えると、夢がありますよね。

次のことが今回一番注目したところです。
(ココは引用します)

「読唇術ができる人は、きっと、唇だけでなく、
 目や下の動きも総合的によみとっているのでは?」



最後の『?』に注目したのです。
『?』ではなくて、総合的に読み取っているから
何を言っているのかがわかるんじゃないんですか。
話の前後の繋がりはもちろん、その人の口の動きの癖とか
表情は、読唇術とはいいませんが、聞こえない人にとっては
聞こえる人の「声色」のように重要な情報です。
だから『?』に注目しました。

聞こえる人にはわからないのかもしれない。
マスクやサングラスをした人と話をしたら
何を言っているのかわからないということ。

記事に戻りますが、読唇システムについて(引用)

「個人個人で口の開け方が異なる点や、方言にどう対応するかなど
 課題は多い。言語学的データベース機能で文脈を読み取る能力なども
 必要かもしれない」


と教授は話しています。
それを、生身の人間はやってのけるているんですから、
人間ってやっぱりすごいんですね。

携帯可能な小型「読唇システム」が普及すれば、
声が出ない人や耳が聞こえない人でも
だれとでもコミュニケーションをとれる可能性ができるんですよね。
声が出ない人は伝えたくても伝えられないという
ジレンマが相当あると思うのです。
それが解消されるというのは素晴らしいことですね。

でも、いい面ばかりじゃない。
いいことに使ってくれる人ばかりじゃない。
きっと悪用する人も出てくるでしょう。
変な話、こそこそ話を読み取ることだって可能になるわけです。
怖いですね。



私にとって、
「読唇術」は人(家族含む)との会話には必要不可欠です。
先日、聞こえの検査に行って、
初めて一度も「聞こえているわ」とボタンを押せませんでした(凹)
悲しいけれど、もうどうにもならない。

「読唇術」が最近、ワイドショー的にもてはやされるのは
なんか違うなと思っています。
スポンサーサイト
 
 

コメント

おそらさんへ

コメントお返しするのが遅くなってごめんなさい。
PCを使う時間がなかなか得られなくて。。。

口話は難しいですよね。
口も見ながら総合的に捉えて
読み取ることを意識してみてください。
でも、口話は相手によっては難しいです。
ほとんど口をあけないで話す人もいますからね。

おそらさんもお忙しいようですね。
お体を壊されませんように。


こんにちは。

私も必要なんですが、なかなか上達しません。
練習も足りませんが・・
つい口元だけに目がいきがちだけれど、手話と同じで
手だけじゃなく表情や体の動きなど、総合的に捉えて読み取る
ことも大切なんでしょうね。

人間の能力はすごいですね。
優れた機械が出来たら、必要な人にとってはありがたいことです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://thankforyou.blog14.fc2.com/tb.php/57-1b6584bd

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。