スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

就職しました

ご無沙汰しています。

7月の終わりから仕事を始めました。
4月から末娘を保育園に入れて、ハローワークに求職しました。
ハンデがあるのですぐに見つけようとは思わず、
あせらず、自分に合った仕事、自分にできる仕事を見つけようと思いました。
スキルアップのために受けようと思ったパソコン講座がありましたが
面接の結果、駄目でした。ほかにも講座があったのですが、
お姉ちゃんの夏休みと重なるので断念しました。

そこへ、ハローワークから「こういう会社からリクエストが入りました」とFAX。
リクエスト?って思い、ハローワークへ行くと
「先方から来てもらえないかとリクエスト」ということでした。
ラッキーなお話なので、すぐに職場見学の段取りをしてもらいました。

職場見学へ行き、見学終了後に即面接。
そして「8月1日から来て」と。
あまりにもトントンと話が進んでびっくり。
子供が小さいこと、病期等で急に休まざるを得ないことがあること。
聞こえないということでのコミュニケーション手段として筆談をしてくれること。
など、条件に書いて承諾してもらい、就職することになりました。
家から車で10分かからないという近さも決め手でした。


以前は事務系の仕事しかしたことがなかったのですが
させてもらえる仕事は生産現場です。
現場自体が初めてで、体が慣れるまでは
体力的にしんどかったです。

慣れるまでは9-16時で、今は9-17時。
16時では仕事が終わらず、途中で帰宅しなければならなくなったので
17時までにしてもらいました。
今はだいぶ慣れてきましたが、夕方になると足がだるくなります。
ま、これは誰もが同じでしょう。

聞こえないことは仕事にはあまり影響がないのが救いです。
初めに仕事を習うときには、書いて伝えてもらうので
確実に理解することができました。
口頭で伝えられるものはやはり曖昧にしか理解できないです。
聞こえたとおりにオウム返しすると、相手も正しく教えなおしてくれます。
この「オウム返し」は本当に大切。
間違えたら仕事になりませんものね。
どんな場面でも私は大抵「オウム返し」をするようにしています。

また、報告できるようなことがあれば現れます。
スポンサーサイト
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。