スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

私が手話を習ったきっかけ

そんなたいした話じゃないんだけど
次はいつ更新できるかわからないから連続投稿。

私が手話をやりたいと思ったきっかけは
ありがちな「テレビ」ですね。

ちょいと古いですが、「愛していると言ってくれ」を
見たときに、私は将来絶対に手話を勉強しよう!と思いました。
今年に入って再放送があったので録画して見たんですが
せっかくの手話も人影に隠れちゃって映っていないんです。
これじゃ「なんて言ってるのかわかんないよ」と思って
ビーッと早送り(笑)途中まで見てみるのをやめちゃいましたけど。
スポンサーサイト
 
 

聞こえなくなったきっかけ?

タイトルのことを質問するコメントをいただいたので、
せっかくですので、記事として書きたいと思います。
(お返事が記事で申し訳ないんですが)

私は子供の頃から左耳が聞こえず、右耳だけを頼りにしていました。
聞こえなくなって補聴器が必要になったのは6年前。。

聞こえなくなった直接的なきっかけというのは
多分無かったと思うのですが、聴力低下の前兆はありました。

めまい、耳鳴りがそうでした。

 
 

難聴か聾か

先日、耳の聞こえない友人とメールで話していたときに
「私って難聴と聾、どっちだろう?」
と思って、聞いてみました。
彼女は「どっちでも自分で決めればいいんだよ」という返事。

あっ、そっか、たしか、そんなことを手話の入門で習ったわ。
実際、私は数字的には「聾」だけれど、
私が「難聴なんです」って言えば
周りの人は「この人は難聴者なんだな」となるんでした。
 
 

親の気持ち

障害年金の申請のことで、
私が子供のときにかかった病院のことを
実母にいろいろ聞いていました。
現在、母の手元にある私の耳が聞こえにくいことを書いてある資料は
学校で記録する「健康カード」しか残っていませんでした。
昔はコピーなんて無かったし、
あっても手元に資料を残そうなんて
思いもしなかったかもしれませんものね。
この健康カードを探していた母は昔のことをふっと思い出したそうです。

何を思い出したのかと言うと、
病院の先生に
「障害者手帳の申請ができますけど、どうしますか?」
と聞かれたそうです。
 
 

昨日の赤ちゃん

20060608123914
5ヶ月検診に行ってきました!
順調に育っているようです。
頭の幅が約4センチ。
17週の赤ちゃんの標準的な大きさのようです。

写真は3D画像です。
びっくりしましたよー(笑)
顔がなんとなくわかりますね。
それにしてもこの体勢はつらそうだな~。
しんどかったら自分で動けるから
どうにかするんだろうな。
気になる性別ですが…
もしかしたらもしかするかも。
なんだそりゃ(笑)

♂かもしれないみたいです。

昨日、海外から帰ってきた旦那は
ひたすら聞く耳を閉ざして
「生まれるまで知らんとく」
と言ってました。
イシシシっ、いつまで頑張れるかな(笑)
 
 

障害年金?

今日、市役所へ行き身体障害者手帳を再交付してもらいました。
等級は2級となってしまいました。
手帳を受け取った後、
「年金の担当者と障害年金の手続きについて話してください」
と言われ、私は頭の中が???となってしまいました。

「障害年金」ってなんぞや?と。
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。